福岡で消防設備の工事・点検は寿防災工業へ!

消防設備点検

消防設備点検とは

ビルまたはマンションでは消防設備が正しく機能していないと、火災が発生したときに発見が遅れ、火災被害が大きくなってしまいます。そのため、消防設備が正しく機能しているかを定期的に点検することが必要不可欠です。

法律では、消防設備の設置があるビルまたはマンションは、消防設備士(国家資格者)による点検を年2回(半年ごと)実施する義務があります。

点検結果は、法令の様式書類(消防用設備・特殊消防用設備等点検結果報告書)で作成し、建物の用途により年1回または3年に1回、所轄の消防署への提出が義務づけられています。

消防設備士が点検をおこなわなければならない対象建築物

■延べ面積1,000m2以上の特定防火対象物
(劇場、飲食店、店舗、旅館、病院、地下街など)
■延べ面積1,000m2以上の非特定防火対象物
(共同住宅、学校、寺院、工場、事務所などで消防長又は消防署長が指定したもの)

消防設備項目

ビルまたはマンションには消火器や避難器具をはじめ、それぞれのビルまたはマンションの大きさや用途にあった消防設備の設置が必要です。消防設備には下記の26種類の設備があります。

消防法第17条3項-3による点検項目

消火器 消防機関へ通報する火災報知設備
屋内消火栓設備 非常警報器具及び設備
スプリンクラー設備 避難器具
水噴霧消火設備 誘導灯及び誘導標識
泡消火設備 消防用水
不活性ガス消火設備 排煙設備
ハロゲン化物消火設備 連結散水管
粉末消火設備 連結送水管
屋外消火栓設備 非常コンセント設備
動力消防ポンプ設備 無線通信補助設備
自動火災報知設備 非常電源設備(非常電源専用受電設備)
ガス漏れ警報設備 非常電源設備(自家発電設備)
漏電火災警報器 非常電源設備(蓄電池設備)

点検時期と報告書提出

■機器点検   6ヵ月に1回以上
消防設備等の適正な配置、損傷の有無などを外観から点検します。また、その機能について外観から、または簡易な操作により判別
できる事項を確認します。
■総合点検   1年に1回以上
消防設備等を作動、または使用することにより総合的な機能を
点検します。
■報告書提出  年1回または3年に1回
所轄の消防署へ、報告書の届け出が必要です。

当社の点検スタッフは、点検の際に、軽微な不良箇所はその場で改修をご提案し、即改修する技術と知識をもっています。
このことにより別日工事にかかるコストや手間を省き、安価な修繕が可能です。
消防署への報告も代行しており、軽微な不良箇所は即日改修することにより消防設備点検時に即是正したと消防署への報告もできます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 092-292-6771 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

寿防災工業の実績

会社案内|寿防災工業について

防災設備について

耐圧性能試験

専門の点検者による点検の様子

防火対象物の点検

消防設備点検

消防訓練を実施しましょう

消防設備の改修・リニューアル

Copyright © 寿防災工業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by KOTOBUKI BOUSAI